スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストローの菱玉で花

菱玉花 花弁つき青
以前の記事「菱玉を組んで花とちょう」のところでも菱玉から花を作ってみましたが、こっちの形の方が可愛らしいのではと思い、あらためて載せます。
花びらと同じ数のストローを使います。

●作り方●
5本のストローを用意し、縦に2つに切って、10本の帯を作り、それを全て↓の形の同じ菱玉にします。
(菱玉の作り方は「菱玉」を参照)

菱玉花 作り方1
上)赤い矢印のように菱玉を差し込むことを10こ繰り返し
中上)輪にします
中下)隣同士の2個の帯を、赤矢印と青矢印のように差し込むと
下)図のようになります。
説明しやすいように分けて書きましたが、中上の輪にするところは、菱玉を幾つか繋ぐとぐしゃぐしゃになってくるので、何個か繋いだら中下の赤青矢印のように差し込んで、また菱玉を足して、としていくとやりやすいです。

菱玉花 作り方2
交差した帯を赤矢印のように差し込み、余ったところは切り(水色の線)、裏返して同様に差し込んで切ります。(柔らかいストローなどで取れやすそうなときは、菱玉に沿わせてもうちょっと巻いてから切ってもよいです)
これをぐるっと繰り返して出来上がりです。

菱玉花いろいろ
花びらの数はいろいろ変えられます。



菱玉花 作り方 花弁
中央に別のストローでめしべなどを付けてみました。
クリーム色のストローに縦に切込みを入れて6本にし、矢印のように内側に入れ(めしべに)
更に「三角玉」を一つ作って(おしべ)差し込みました。
菱玉花 花弁つき青 花弁部分
最初の写真のものは、白いところも、黄色いところも端を結んでいます。



菱玉花大
これは、一番中心の薄い水色の菱玉を、↓のようにして作って、その残った帯を大きく作った花に差し込んでそれぞれ繋げています。(右下は裏)
中央の作り方は↓です。
菱玉花大の中央説明
上)菱玉を6個繋げたら矢印のように差し込み、赤丸(一つおき)の帯を同様に差し込みます。
中)赤丸の帯はそのまま切ってしまっても良いですが、取れそうなときは、右上の帯なら黄緑に塗った菱玉に沿わせるように巻くと取れなくなります。
下)赤丸の帯を切り(黄緑の線)中央部分は出来上がり。
あとは、別に作った明るい青(花びら6枚)の花と、濃い青(花びら12枚)の花の、花びらと花びらの間のあたりに、これの(図の青丸の)帯3本をそれぞれ差し込んで繋げました。



菱玉花壁面
他のストロー工作と組み合わせて、壁面飾りにしました。
花びら5枚のピンクは桜、黄色は星に見立てても使えるかもしれません。また、花の中央は透明な画鋲で留めていますが、画鋲の種類によっても雰囲気が変わると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/98-e008293f

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。