スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロー半分で、小さな五角形の輪

小さな五角形輪
ストロー1本から五角形の輪が2つ作れます。更に繋げれば、写真のようにもなります。

●作り方●
五角形輪 作り方1
1本のストローをハサミで縦に二つに裂きます。
例では5ミリ18センチのストレートストローを使いました。

そのうちの1本を
五角形輪 作り方2
軽く結び、その輪に図の矢印のようにくぐらせていって、輪を縮めながら五角形に形を整えていきます。
(図は分かりやすいように、ストローの内側を緑に塗っています)

端をそれぞれ重なるようにして沿わせて輪にし、
五角形輪 作り方3
最後は、端が(青紫で塗ったように)内側に重なるところで切ります。
形が出来たら、各角を押さえながら全体を潰すようにして出来上がりです。

これ、やり方としては簡単なのですが、形を整えるのが結構難しいです。
一度出来てしまえば、簡単ですが、それでも同じサイズのストローなのに違う大きさの輪が出来たりします。
あと、ストローの柔らかさなどによっても整えづらいものとかがあります。

五角形輪 作り方4
上の写真で輪どうしを繋いでいるのは、図のような曲がるストローのギザギザの部分2こ分を切り離して切込みを入れたもの。
繋ぎ方は、作った輪っかを解いて、これを差し込んで、もう一度輪っかを作ります。(一度輪っかにして折り跡を付けると解いても輪っかにしやすいので)
端が重なる辺に、このツナギを付けると、解けにくくなると思います。(でも強く引っ張ると、ツナギは簡単に切れます、ブレスレットなどにするときは、違う繋ぎ方の方が良いかもです)

小さな五角形輪2
こう繋ぐときも、バラバラに作ったのを一度解いて組み合わせて作ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/94-147c53fd

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。