スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクセルの「図形」の「楕円」と「月」だけで初音ミクの絵

miku000.jpg
お絵かきソフトなどがなくても、エクセル(やワード)の「図形」で、女の子のイラスト風のものが作れます。モデルは「初音ミク」さんです。
Excel2013を使用しています。

●使用図形●
miku010.jpg
使うのは「基本図形」の「円/楕円」と「月」の二種類です。
塗りつぶしは、「単色」と「グラデーション」を使います。
全て線なしにして使います。

●こう作りました●
(以下、時々「図形」を、白塗りの枠線などにしていますが、見やすいようになので、実際には枠線なしで直接色をつけて作ります)
miku021.jpg
まず楕円で仮の顔を作ります。色は「テーマの色」のオレンジの列?の一番薄いやつにしました。RGBでいうと(R251・G229・B214)です。RGBは「色の設定」の「ユーザー設定」の数値に直接入れても出せます。
その上に図のように楕円を3つと月一つを重ねて目を作ります。一番大きい楕円(白目)は少し傾いています。

目の色の設定は
miku025.jpg
白目は種類は「放射」方向は「中央から」で、白に少しだけ影になるように。白(R255・G255・B255)と灰色(R127・G127・B127)
黒目の大は、黄緑の線の設定のように種類は「放射」、方向は「中央から」にしてグラデーションのツマミ?は図のところの色を選択。左から濃い青(R31・G78・B121)、緑(R51・G204・B204)、右端のツマミは黒(R0・G0・B0)です。
黒目の小さい方は、赤の線の設定のように方向を「右下隅から」にし、グラデーションの片方の色を透明度100%にします、もう一つの色(図の右のツマミ)は、不透明で黒に。図の配置の仕方で、ツマミの左右の位置は逆になるかもしれません。
月は(図の「選択」しているところ)、白色で透明度50%にしました。

目蓋を月で上下に付け、顔と同じ色にしてかぶせます。
miku022.jpg

更に月を足して(↓「選択」しているところ)、目に影をつけます(黒、透明度80%)。
miku030.jpg
まつ毛を図のように重ねて「つ」の形にします。(二重瞼の線もついでに入れます)
色は基本黒かなと思うのですが、一部暗い色で適度にグラデーションを入れてみています。

miku035.jpg
形が出来たらグループ化してコピー、貼り付け、左右反転します。
目を置くときの間隔の目安は、間にもう一個目が入るくらいでしょうか。
反転した左目は、小さい方の黒目の左右を反転してグラデーションの方向を戻します。

miku037.jpg
全体的に左右対称に作っていくので、オブジェクトを「回転」で左右に反転させたり、「配置」で上下や左右に位置を揃えるなどすると便利です。

小さい楕円2つで、瞳の右の方に光を入れます。一つは白で一つは白に透明度50%を重ねます。
miku040.jpg
眉と、二重瞼のところの影(小さくてあんまり分からないので要らなかったかも)も月で加え、
頬は楕円の外側を図のような設定で透明にします。透明じゃない方のピンクは図のところ(R255 G153 B204)です。
眉の色は、下で説明する髪の色と同じです。

miku050.jpg
顔の輪郭を作ります。
「頂点の編集」などを使った方が楽かもとも思うのですが、一応楕円で図のように作りました。
グループ化してから塗ると、全体が一つの塊として塗られます。
(ちなみに、グループ化しているものでも、更にパーツを選択した状態で塗ると、そこだけに塗られます。)
miku052.jpg
図のような設定で、「テーマの色」のオレンジ列の1番薄い色(R251・G229・B214)と2番目に薄い色(R248・G203・B173)のグラデーションです。

顎と目の位置などを調整し、
口と鼻を月で作って、置きます。色は「テーマの色」のゴールドの列の下から2つ目(R191・G144・B0)にしました(二重瞼の線も同じ色)。
耳も図のように作ります。
miku062.jpg
緑の楕円を背面に敷いて、大体の頭のアタリをつけます(黄色い点線のマルは顔にした楕円の大きさで、参考までに付けました)。
頭身を小さくしているので、頭の上部の割合が思った以上に大きいです(本当はおでこの生え際はもっと上だと思いますが、前髪で隠れるのでこのまま進めます)。

miku064.jpg
図上)緑の楕円にグラデーションをつけます。
それを、何となく青い矢印のところに髪が集まるイメージで月と楕円で覆い、一つ一つにグラデーションを付けて塗ります。
図下)グループ化したものをコピー、貼り付け、左右反転し対称に揃えて顔の背面にします。
赤い横線は頭全体の中央で、参考までに入れました。

miku065.jpg
グラデーションの設定は、このようなものを基本に、絵を見ながら方向やツマミ?を調整しつつ、光沢の位置を決めます。
色は濃い緑(R0・G153・B153)と白です。


miku070.jpg
前髪も図のように月と楕円で作り
右の房を反転させて左の房にします。色の調整も頭と同様です。

前髪の「影」を作ります。
miku080.jpg
出来た前髪をグループ化してコピー、貼り付けし、それを単色で濃い緑(R0・G102・B102)に塗って透明度70%くらいにしたものを、元の前髪の後ろに少しずらして重ねます。

結んだ髪も以下の図のように月を重ねて作ります。グラデーションにするときに、繋ぎ目が同じ色になるように調整します。
miku122.jpg
髪飾りは図のように月で作りました。本物は角ばっているのですが、今回直線は難しいので丸にさせてもらいました。真ん中は赤、両側は黒を基本に、それっぽくグラデーションで塗っています。

服と体を作ります。
miku100.jpg
襟は、黄色にしたところを最初にグループ化して一つの形として、灰色50%(R127・G127・B127)と灰色25%(R191・G191・B191)のグラデーションで色付けしています。胸のところは種類を「放射」でなく「線形」にして、灰色35%(R166・G166・B166)と灰色50%です。
そのほか、服に使っている色は、グリーンは系は目で使った明るい緑色と、髪の緑とを使い、あとは黒です。
縁取りはまわりに細かく楕円を並べています。
首は、顔が重なったときに顎の下が影になるように方向を「中央から」にして濃い色を中心に持ってきています。一番濃い色は、「テーマの色」のオレンジ列の3番目に薄い色(R244・G177・B131)も使いました。

miku110.jpg
腕はこんな感じ。肩と色が繋がるように気を付けます。
せっかく爪を最初に右のような形に作ったのですが、指に付けたらあまり形を生かせませんでした。

miku090.jpg
それっぽくヘッドフォンを作ります(実際の商品があるようで、その画像などを参考にさせてもらいました)。これも本物はもっと直線があるようなのですが、丸くなってしまいました。

作ったパーツを合わせます。
miku130.jpg
オブジェクトの全面背面を調整しながら、基本的には左右対称に組み合わせていきます。中心に仮に1本線を入れておくと揃えやすいです。
背景に楕円を「最背面」で足しました。濃いピンク(R255・G102・B153)、下の濃い赤(R192・G0・B0)

miku142.jpg
一応白塗り枠線にするとこんな感じです。

miku150.jpg
頭、腕、胴体などの大きなパーツでグループ化したら、最後に、ちょっと首をかしげるなど角度を変えてやると、動きが出ます。
ポーズが出来たら
背景以外の全体をグループ化、コピー、貼り付けし、前髪のときのように単色で濃い色(暗い赤紫(R153・G51・B102))を塗って背面に重ねて出来上がりです。
と思ったら、透明にしていた頬のところがポッコリ出てしまった(矢印のところ)ので、そこは選択して削除し、完成です。

※エクセルでは、表示の倍率を変えると図のタテヨコの比率が変わって見えることがあるようです。全体を見て、部分を作って調整して、というときなどちょっと気になるかもしれません。



ここに書いたのは自己流です。実はエクセルの機能などもよくわかっていないので、参考までにということでどうぞ。
(エクセルの「図形(オートシェイプ)」で絵を描くサイトさんは、検索していただくと幾つもあるようです。)
全くどうでもいいことですが、なぜ突然「エクセル」で「初音ミク」さんかというと

前記事でワードの「図形」で絵を作ったとき、「楕円」と「月」だけでも結構出来るかもと思いもう一つ作ろうと思ったのですが、「図形」ならエクセルの方が、背景に最初からタテヨコの線があってオブジェクトを揃えたりするのにやりやすそうだなと思ってエクセルを選びました。
又自分のイメージだけだと前と似た絵になりそうでつまらないので、非営利とかなら描いていい(?)とどこかできいた(そして勿論可愛いから)ミクさんを参考にさせてもらいました。
いわゆるベクター画像で絵を描くことがほとんどなかったので、思った以上にアニメのイラストっぽくなって、楽しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/90-400c1dc5

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。