スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角玉でバラの指輪

三角玉でバラ指輪04

●作り方●
途中までは「三角玉を組んでバラ」をご覧ください。
三角玉でバラ 05
上記記事のこの場面で中心に何も差し込まず(クリーム色の帯の残りは使わない)、裏にします。

三角玉でバラ指輪01
(上)茎になる三本を広げて、そのうちの2本にうす緑の三角玉を、帯の湾曲が逆になるように通します。うす緑の三角玉は、左右に曲がった別の種類のものを一つずつです(三角玉と種類については「三角玉を組む(「あめちゃん」の応用)」前半の記事)
赤い帯を青矢印のように折って中心の穴に通し、うす緑の帯を赤矢印のように重ねて差し込みます。
(下)うす緑のところに新しいストローの帯(ストローを縦に二つに裂いたもの・写真では水色を使用)を湾曲が逆になるように差し込み、
残りの赤い帯を赤矢印のように差し込んで花の丸みにそって向う側に出します。(先を少し斜めに切って差し込むと通しやすいです)

三角玉でバラ指輪02
(上)このようになったら
(下)表にひっくり返し、うす緑の葉のところを赤矢印のようにひねりながら差し込みます。
中央の赤い帯は、一本は、長さをみて青矢印のように脇に差し込んで処理し、もう一本は丸めてぎりぎりで切ります。

三角玉でバラ指輪03
うす緑の帯の残りを切り、最後に水色の帯を指にあわせて二周くらい回して通して切って出来上がり。
指輪にしなくても、後ろに茎が出ないバージョンがあると、ほかの形に組み合わせて飾ったりするのにやりやすいかなと思って作ってみました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/80-04a9b35b

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。