スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ともだちや」のおおかみときつね 羊毛フェルト

ともだちや おおかみときつね 正面
「ともだちや」という絵本のキャラクターのおおかみときつねです。おおかみは、何年か前、絵本キャラクターでは最初に作ってみたものです。

ともだちや おおかみときつね 横
今更ながら、ちょうちんとのぼりも作ればよかったかも(絵本のきつねはちょうちんを持って「ともだちや」というのぼりも付けている)

ともだちや おおかみ ボールペン
おおかみの体長は48センチくらい。サイズ比較に手近のボールペンを持たせてみました。
強度を全く考えなかったので左足が折れ、直してもすぐ折れ、結果変な形になってます。重心も高いのか、ようやく立ってる状態です。

ともだちや おおかみ くつ
作りながら絵本を見直していて(シリーズが沢山出ています)、おおかみの靴先がちゃんと足の指の形になっていると気づきました。靴部分の厚手のフェルトでは上手く形が出来なかったので、急遽発泡スチロールで形を削ってニット布地を手芸ボンドで貼りました。よく似た色の布があってラッキーです。

ともだちや おおかみ 歯
口の部分は顔の形を作ってからハサミで切り込みを入れ、更に口の中の色や歯を刺してみました。

ともだちや きつね 前
きつねは、おおかみの反省を踏まえ、針金芯を入れたので座らせることもできます。

ともだちや きつね 後
後ろはこんな感じ。

ともだちや きつね 服脱ぐ
服も脱げます。きつねはオシャレさん(?)で、絵本のシリーズの中で毎回服が違うので、別な服も着せられるようにと思ったのですが、その後服は作っていません。

ちなみに何のために作ったのかというと、
最初オリジナルで羊毛フェルトのおおかみを作ったら(写真なども参考にしたはずなのに)イヌっぽくなってしまって(笑)、じゃあ、おおかみっぽいってどういう要素なのかな(リアルなものを目指しているわけではないので)と思っていたら、たまたま絵本の「ともだちや」の表紙が目にとまりました。元々降矢ななさん(絵の作者)の絵や色も好きだったので、そうだ、これを立体で模写?してみれば、参考になるかも。ということで、おおかみさんの頭部を作ったのがはじめでした。
しかも、黒目部分の小さい彼を、手持ちのぬいぐるみの目に合わせて作った為に、思いのほかデカい頭になってしまい、しばらくそのままで放ってあったのですが、やっぱり全身もつけてやりたくなって、とりあえず形を作ろうと頑張り、しかし強度がなくて、立たせてみたら、足が折れるという結果に。
その後、隣にきつねも置いてみたくなって作り、他の作者のキャラクターは作れないかな…となりました。
おおかみ(ときつね)の大きさは作るのも大変だったんですが、しまっておくにも結構邪魔になると気づき、以降作ったもののサイズは小さいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: ビックリ!

素敵なコメントありがとうございます。
(^_^)
「ともだちや」のシリーズ楽しいですよね。

ビックリ!

だーいすきなおおかみくんときつねくんを羊毛で作ってる人がいたなんて、感激です。
可愛いったら可愛い♡

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/54-369ea9d6

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。