スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶとむし(六角がえし+ちょっと飛び出す)

立体かぶとむし できあがり1
たまご

立体かぶとむし できあがり2
幼虫

立体かぶとむし できあがり3
かぶとむし

上のたまごに戻って繰り返すという、からくりの紙工作です。


「六角がえし」の仕組みに、飛び出すような折り方で「ツノ」を足して、立体ペーパークラフト風かぶとむしを考えてみました。

●展開図●
立体かぶとむし 展開図
↑この画像をクリックすると印刷できるくらいの大きい画像が出ます。

●作り方●
立体かぶとむし 作り方1
印刷した展開図のまわりを切り抜いたら、青線を谷折、赤線を山折してください

立体かぶとむし 作り方1.1
立体かぶとむし 作り方1.2
このとき、ツノ部分が、ちゃんと中に折り込まれるように折って下さい(はみ出ると、遊ぶときにひっかかって開かなくなるので)

立体かぶとむし 作り方2.1
折り癖をつけたら一度開いて、裏返して、図の水玉のところにのりをぬって(ツノ部分にはつけない)
半分に折ってのりづけ

立体かぶとむし 作り方2.2
図のような帯状になったら蛇腹状に折り癖をつけ、もう一度開きます(赤は山折、青は谷折で)

立体かぶとむし 作り方3
①青を谷折(ツノは最初の折り癖のとおり折り畳まれるようにして)
②赤を山折(後ろに折る) ③更に、赤を山折(後ろに折る)
④図のピンクのところで「のりしろ」が重なるはずなので、そこをのりづけです

のりが乾いたら、くるくる開けるはずなので(開き方は前記「たまご→ひよこ→にわとり」の●遊び方●のところを参照してください)「たまご」のところまで開いて
立体かぶとむし 作り方4
最後に黄緑の線のように角を切って出来上がりです。



立体かぶとむし 作り方5
「たまご」のときの裏側は、こんな風になっています。
遊ぶときは、このように常にツノが折り畳まれるよう気をつけてください。

立体かぶとむし 作り方6
裏がこんな風になった状態で「たまご」から「幼虫」に開こうとすると引っかかってしまいます
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/48-dcc8ec3b

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。