スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまご→ひよこ→にわとり

にわとりのできあがり図
六角がえしを自作しました(絵はフォトショップで描いてみました)
にわとり1絵
          ↓
にわとり2絵
          ↓
にわとり3絵

たまご→ひよこ→にわとり(→たまごに戻る)とぐるぐる変わる六角形のカード工作です(これもペーパークラフト?)。呼び名は「六角がえし」のほか、「六角パズル」「六角変わり絵」などいろいろのようです。

下の画像をクリックすると、大きな画像が立ち上がり、プリントアウトできます(A4で、出来上がり直径は10センチ強)。無料です。一応、転載や商用利用はご遠慮下さいね。
にわとり 印刷


●作り方●
赤い線は山折り、青い線は谷折り。

作り方1
半分に折って裏をのりづけし、更に一度三角のじゃばらに折って開く。

作り方2
図の通り折ってのりづけし、できあがり!

●遊び方●
作り方3
折りぐぜにそって中心が山になるように折り、赤い矢印のところを押す。

作り方4
中心が割れて次の絵が現れる。
コツ:無理やり中心から開こうとしないで、赤い矢印のところを押すようにする。

110826追記
●六角がえしの正式名称●
ヘキサフレクサゴン(hexaflexagon)でした。
大阪経済大学の西山豊教授の論文に、イギリスの数学者アーサー・H・ストーンという方が1939年に考案したものだとあります (「ヘキサフレクサゴン (hexaflexagon) の一般解」西山豊『大阪経大論集』第54巻第4号 2003年11月 ネットで見られます)日本語では「オリガミ六角形」「たたみかえ折り紙」などと訳されているそうです。
日本に昔からある工作だと勘違いしていました。失礼しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: ありがとうございました

サイエンスぽけっと様より

ありがとうございました
3月14日15日に静岡科学館のサイエンスピクニックにブースを出しました。私たちは科学絵本の読み聞かせと科学遊びの会ですが、参加者のおみやげ用に型紙をいただき、ひよこ、かえる、ちょうの3種を配りました。小さな子にとても人気がありました。ありがとうございました。


というご報告の書き込みをいただきました。ありがとうございます。
とても楽しそうな、素晴らしい活動をされているのですね。
六角返しが、お子さんたちに喜んでいただけたということで、多少なりともお役に立てて良かったです。

「管理者にだけ表示を許可」のコメントの方なので一応お名前は控えますが、4/21にコメントをいただいた方、ありがとうございます。どうぞどうぞ~。
楽しそうな活動をされているようで素敵ですね。

Re: ありがとうございます

ゆめこまる様、書き込みありがとうございます。
クリスマスイベント楽しそうですね。お役に立ててうれしいです。
イベントが成功しますように。

ありがとうございます

こんにちは
小学校の読み聞かせクリスマスイベントのプレゼントに
このヘキサフレ…のぬり絵タイプを拝借いたしました
今月15日に配ります。このプレゼントを用意している
メンバー(保護者ボランティア)には可愛い!と大好評でした

子供達も喜んでくれると思います
このブログに出会えたことを感謝しております
ありがとうございました

こちらこそ

S様、書き込みありがとうございます。
楽しいバザーだったのですね。多少なりともお役に立てたようで良かったです。

仙台は、私は他の所に住んだことがないのでよくわからないのですが、他の地方の方からそう言っていただけると嬉しいです。
こちらこそありがとうございました!

ありがとう

お返事ありがとうございました!
お礼が遅れましてすみません。

幼稚園のバザーで子どもたちが
とても楽しく作ってくれました。
フリー素材を利用して、
にわとり&かえるバージョンを作ったのですが、
みんな最後にビックリしてくれてうれしかったです。

保護者で集まって準備する際に、
こちらの折り方のページを何枚も印刷して、
間違えないようによーく見させて頂きました。
また何か機会がありましたら、
リンク先のデータを是非使用させて頂きます!
仙台ご在住とのことで、とても素敵な町ですよね。
私も親戚と友人が住んでおります。
バザーの収益が少しでも役立てばうれしい限りです。

Re: ありがとうございます

2011-10-17、18にコメントいただいたS様、気づかず大変失礼いたしました。17日の投稿、削除いたしました。
(コメントをいただくと携帯にお知らせがくるはずが、何か設定を変えてしまったのか機能しなくなってしまいました…)
素敵な申し出をしていただいたのに間に合わず申し訳ありません。
バザーで営利目的でなく販売したいとのことでしたが、勿論私としては問題ありませんでした。もし次の機会がありましたら、ご活用ください。

「商用利用」の件ですが、
私が元々ネットやブログにあまり詳しくないこともあって、万一、自分のアップしたものでトラブルがあったり、勝手に想定していない使われ方をされたりしたら嫌だなーという不安から「転載や商用利用はご遠慮下さい」と、どこかで見たような文面を書いたのですが、
悪意のある使い方や儲けることを目的にするのでなければ、常識の範囲で自由にお使いいただいてかまいません。

少し話はずれますが、
S様のバザーで、利益分を東日本大震災へ寄付いただくということでした、仙台在住の私としては大変嬉しいです。ありがとうございます。

ありがとうございます

管理者様

2011-10-17 「教えてください」を投稿した者です。
この投稿を削除頂くか、冒頭の個人名とE-maii リンクを削除願えないでしょうか?
(非公開のつもりで投稿してしまいました。)

今回は、こちらの画像使用許可が不明だったため、
オリジナルの絵柄を作成して対応することといたしました。
とても可愛いイラストで是非活用したかったのですが、また機会がありましたら「商用利用」をどの程度の範囲で考えられていらっしゃるか教えてくださいませ。
折り方等、とても解りやすく
大変参考にさせていただきました。

誠にありがとうございます。




すごい!デザイナーさんが作られるなんて、本格的ですね。私も少し子どもと関わる仕事なのですが、これを見せたりあげたりすると、すごく面白がってくれますよ(それで、もっと沢山の子どもに楽しんでもらいたいなと思ってここにアップしたのでした)
まして物語性のあるものだったら、凄く素敵なものができるでしょうね。
親子教室が成功しますように。
こちらこそお世話になりました。

親子工作教室みたいなものに利用出来ればと質問させていただきました。

特許を検索できるサイトでも何も出ませんでしたので・・・
特許は無と考えて使用させていただこうと思います。
(特許の検索が出来るサイトがあるんですね)

今、ウチのデザイナーがデザインを考案中です。
何か物語性があるものが出来ればと思っています。

大変、お世話になりました。

貴重な情報をありがとうございます。
ネットで引いてみたところ、確かに、大阪経済大学の西山豊教授の論文に、イギリスの数学者アーサー・H・ストーンという方が1939年に考案したものだとありました。勘違いをしていて失礼しました。
(この論文は「ヘキサフレクサゴンの一般解」というタイトルでネット上で公開されています。数学的に詳しく解説されていて、なんと23面の型紙まで載っています。六角返しを詳しく知りたい方や数学にも興味がある方は検索してみてください)
子どもの工作にしては随分奥が深いなあとは思っていたのですが(笑)数学の理論なんですね。
でもこの論文でも、特許がどうなっているのかは分からないですね。70年も前のもので、他のサイトでも紹介しているところが沢山あるし、問題なさそうにも思えますが、はっきり大丈夫と書いてある公的なサイトなどは私も探せませんでした。
ちなみに、このブログで公開することはストーンさん?とかに許可もらってないですけど、大丈夫…なんですよね。

回答、ありがとうございました。

特許とかがあるとちょっと利用できないため、質問させていただきました。

 もともとは、イギリスの数学者さんが考えたものみたいですね。

本当にありがとうございました。

コメントありがとうございます。

六角返しの仕組みについて、著作権?のようなものがあるかということでしょうか?
私は、昔から知られた工作で特に問題ないと思って使わせていただいておりました。
以前に子ども向けの工作や、算数の図形の本で紹介されているのを見たのですが、たぶん本の著者もばらばらで、紹介されていたページにも特に誰々考案というような記載もなかったと思います。絵がオリジナルであれば問題ないのではと思うのですが。

早速、作成してみました。
面白いですね。

オリジナルで製作するときの
パテントなどってあるんでしょうか?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://e38.blog98.fc2.com/tb.php/20-ef077985

 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。