スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストローで三角の玉「あめちゃん」

あめちゃん(三角玉)1

これは元々人から聞いたものですが、その方の小学校の頃に流行ったそうで、たぶん伝承工作で、作り方も紹介しても問題ないと思うので記載します。
ストローを裂いた帯を、端から三角に巻いて玉をつくるだけなのですが、つるんとしてとても可愛らしいです。

写真では立体の形が分かりづらいので図にしてみました。
あめちゃん(三角玉)の図
こういう形です。正面から見ると正三角形のようですが、右から見るとひし形(実際は正方形)が、矢印のように湾曲した形になっています。
(折り紙の、パーツに折ったものを差し込んでくす玉などを作るやつの、3枚で作るのと同じ形です。たぶん)


●作り方●
ストローを一本用意し、裂いて広げて帯にし、端から正方形になるように折り目を数回つけ、いったん開きます。
あめちゃん(三角玉)作り方2
↓以下、ストローでうまく写せなかったので付箋ですが、見えている面がストローの内側と考えてください。
あめちゃん(三角玉)作り方
①1番端の正方形(斜めの折り目は、最初に正方形をとるために折ったあと)を、端から4つ目の正方形の上に重ねます、このとき90度ひねって、黄色の印の辺が重なるように置きます。
②三角形にあいた口を、塞ぐようにして向うに(黄色と緑の辺をそれぞれくっ付けるように)し、あとは、玉の形にそってぐるぐる巻いていきます。
最後は端を適当なところで重ね目に差し込んで止めます。


ちなみに、これの名前が「あめちゃん」で正しいのかも分からなかったのですが、たまたま別の工作を探していて見つけた本にも「あめちゃん」という名で載っていました。
『ひまわり文庫の伝承手づくり遊び2 飾ってあそぶ』(草土文化)の4ページ。巻きはじめのところが少し違いますが、出来上がるものは同じです。
関連記事
スポンサーサイト

三角玉を組む(「あめちゃん」の応用)

三角玉でくす玉
前記の、(たぶん)伝承工作の「あめちゃん」は、そのまま糸に通して繋げたりしても楽しそうですが、
これをパーツにしていろいろ組めないかとやってみました。写真の下にあるようなパーツを沢山作り、それを組みます。イメージは折り紙のくす玉です。(工作というより、手芸っぽいですが…)

組みやすいパーツ(差し込み口が玉の各辺にあり、差し込む帯も長い)にするため、下のように作りました。便宜上ふつうの「あめちゃん」でなく、「三角玉」と呼ぶことにします。(実は1角増やして、四角というか菱形の玉も出来て、そちらでも色々組んだものが出来たので、その「菱玉」と区別するためもあります)

●三角玉のパーツを作る●
ストロー1本を縦に二つに切ったものを使います(「あめちゃん」より玉は小さくなりますが、相対的により長く帯を残すためです。)
1本のストローから三角玉が二つできます。

最初は「あめちゃん」と同じです。(↓写真は付箋ですが、見えている面がストローの内側と考えて下さい)
あめちゃん(三角玉)作り方
①帯を、端から正方形になるように折り目を数回つけ、いったん開きます。
端の正方形を端から4つ目の正方形の上に90度ひねって重ねます(黄色の印の辺が重なるように)
②三角形にあいた口を、塞ぐようにして向うに(黄色と緑の辺をそれぞれくっ付けるように)して、2、3面(形が整うくらい、少し)巻きます。
三角玉作り方2
そこから、写真のように、2回差し込みます。すると、各辺に一定方向の差し込み口が一つずつ出来、一方に長い帯の残る玉が出来ます。

※三角玉は、微妙ですが2種類あります。
三角玉2種
最初に差し込むときに決まります。巻く一面ごとに左右になります。
組むときは、基本的にどちらかに統一してパーツを作ります
もし、逆に出来てしまったら、差し込んだところを2回ともを解いて、最初に差したところの一面前か後に差し込み直す(そしてもう一回差し込む)と直せます。

ぱっと見て分かりづらいので、私自身当初違いがあることに気づかず、組むときに、なんか途中から組めない…と、混乱してしまいました。

●組み方●
≪ストロー三角玉くす玉(12面体)≫(上の写真の右の小さい方)
三角玉24個(ストロー12本分)使用

三角玉でくす玉 作り方1
まず、同色(でなくとも良いですが、一応写真の例の場合)で、4個三角玉を作ります。6ミリの太さの曲がるストローを使っているのでギザギザが入っていますが、5ミリサイズやストレートストローでも問題ないと思います。

三角玉でくす玉 作り方2
①のように差し込みます。帯の湾曲と玉の差し込み口の湾曲が逆になるので、ちょっと差しにくいかもしれません。
②のように4個を組むと、裏返したら③になるような形のものが出来ます。これを合計6つ作ります。

三角玉でくす玉 作り方3
④⑤更にそれを組みます。お互いの帯で隣同士くっつくように差し込み、相手の玉に沿わせて巻きます。表に返すと⑥の形です。

三角玉でくす玉 作り方4
⑦同様にして繋いでいきます。薄いオレンジは、角を作るように、緑と青の両方と繋ぎます。
⑧裏はこんな感じになっているので、真ん中をぐいっと押して、角を表側に出すと⑨のようになります。実際は、何個かくっ付けてから返すほうがやりやすいと思います。
この要領で丸くなるように組んでいきます。帯の余りが内側にたまるので、適当なところで切りながらやってください。最後の方は、差し込みづらいので、⑤の相手の玉に沿わせて巻くところなどは、外れなければ省略しても良いです。

三角玉でくす玉 作り方4-5
出来上がり。
差し込み口から帯を出しづらいときは、帯の先の角を斜めに切るなどして少し細くすると楽です。あと、柔らかいストローだと、全体的にやりづらい気がします。


三角玉でくす玉 作り方5
裏のとげとげの方を表に出して組むことも出来ます。
余った帯が、三角のところから、3本ずつ出るようになります。

三角玉でくす玉 作り方6
帯を根本から切るとこんな感じに出来上がりました。思ったよりとげとげしくはなりませんでした。

球にしなくとも、いろいろな組み方が出来ます。
三角玉で組み帯
球にしたのと同じ数を使って、平らにジグザグに組むと、こんな感じにも(まだ余った帯の処理をしていません)。表裏です。
もっと沢山繋げて花冠風とか、女の子にかわいいかも。


≪ストロー三角玉とげとげボール≫(上の写真の左の大きい方)
三角玉60個(5個×12)使用

三角玉でくす玉 作り方7
①上記の12面体の作り方とほぼ同じです。最初に4個で組むところを5個にして組みます
②これを12個作ります。

三角玉でくす玉 作り方8
③隣と繋いで
④三つ繋ぐとこういう形です。(中央の帯の余りが邪魔なので根本で切ったのが⑤です)
このままとげとげの面を表にして組み上げていきます。最後に球を閉じるところは、やはりちょっと難しいです。
中が空洞なので鈴など入れてから閉じても良いかも。

三角玉でくす玉 作り方9
出来上がったものは、最初の5個もバラバラの色で組んでいるようにみえますが、同じ色で作っています。5個どうしを更に組むときに、隣の色の帯が巻きつくのでそう見えます。

球にする以外にも、こんな形にもなります。
三角玉いろいろ
こちらは、三角玉3つから6つ(ストロー2,3本)で出来るので、上記の球より手軽です。
左下の輪は「三角玉で輪」に組み方を載せました。

三角玉いろいろ2
こんな風に組んだものを沢山作って、それを更に組んだり、別の形と組み合わせて組んでも面白いものが出来るかもしれません。


150815追記
三角玉でサイコロの形 0
上で、三角玉4個や5個を一つにして組んだので、3個でもやってみました。サイコロ型になりました。

三角玉でサイコロの形 1
上)矢印のように入れて3個で一つのパーツを4個作ります。
中上、中下)図のように4個を組んで、見えている方を表にして、両端を輪に繋ぎます。
内側に帯が沢山出るので、外れないように三角玉に沿わせて巻いたら、適当なところで切り
下)最後は角などから残りの帯を引っ張って形を整え、帯を切って出来上がりです。

三角玉でサイコロの形 2
裏表を逆にするとこんな感じに組めます。帯を根本で切る(下)と、サイコロに割れ目が出来たような形になるので、束ねたり(中)したほうが、きれいかも。
関連記事

菱玉(「あめちゃん」の応用)

菱玉
前記「あめちゃん」の応用で、1角増やした玉です。
(写真の玉は巻いた残りの帯を切っていますが、組んでいろいろ作るときは、帯を出して残します。)
菱玉の図1
図で描くとこんな形です。右は横から見た図。(正三角錐を二つくっ付けた形とは違います。)

●作り方●
ストロー1本を縦に二つに切ったものを使います(1本のストローから菱玉が二つできます)

菱玉作り方3
この形を作ります。

(↓付箋ですが、見えている面がストローの内側と考えてください。)
菱玉作り方
①帯を、端から正方形になるように折り目を数回つけ、いったん開きます。
端の正方形を端から4つ目の正方形の上に90度ひねって重ねます(黄色の印の辺が重なるように)
②それぞれ黄色と黄緑の辺を合わせるようにして菱形を作るように巻きます。

菱玉作り方2
立体の形が出来たら、面に添って巻きながら3回、差し込んで出して、差し込んでを繰り返します。すると、各辺に一定方向の差し込み口が一つずつ出来、そのうちの一辺から長い帯が出る、菱玉が出来ます。
四角の折り目をしっかり付けておくと作りやすいです(柔らかいストローは作りづらいです)。
慣れないうちは、差し込む前に何回か巻いて形をしっかりさせてから差し込んだ方がやりやすいかと思います(ただ、組んで作るときには帯が長い方がいろいろできるので、慣れたらなるべくぎりぎりから差し込んでいってつくる方が良いです。勿論作るものによりますが)

菱玉は、帯が出る場所によって4種類あります。
菱玉の種類4つ
真ん中の辺から帯が出るもの(上二つ)と、端の辺から出るもの(下二つ)
それがそれぞれ、前記三角玉のように、帯に対して左と右に傾きます。
真ん中の辺から帯を出したいときは、差し込みはじめが端の辺の差し込み口からはじめ
端の辺から帯を出すようにしたいときは、差し込みはじめを真ん中の辺から差し込みはじめます。
また、左右の傾きを逆にしたいときは、面に添ってもう一度差し込みます。



ちなみに、正三角錐を二つくっ付けた形にするには、ストローを巻くときの折り目を正方形ではなく、正三角形にして巻いていくと出来ます。(↓左側)
三角錐とか
もし、これで正三角錐にしようとすると右の写真のように、同じ辺をぐるぐる巻く感じになるので、途中から逆に折り曲げて巻くなどの工夫をしないと、差し込んで止める、ということができないです。

更にちなみに、
裂いたストローや、長い帯状の紙などを正三角形の蛇腹状に折るには
帯から正三角形
図の赤い線のように、まず端を二つに折って開き、そこに角を合わせて折ります。
そこを一辺として正三角になるように(図の緑の辺を合わせるように)折り、あとは、順にジグザグに畳むと簡単です。
関連記事

菱玉を組む

前記の菱玉を組むと、いろいろな形になります。

菱玉 ほし いろいろ
星型など(図の左右で裏表です)
5つと4つの星形の作り方⇒「菱玉をんで星」
6つの形(写真左下)の作り方⇒「菱玉を組んで花とちょう」

菱玉 三角錐型 いろいろ
三角錐に近い立体の形など

菱玉 くす玉 いろいろ
くす玉状にすると、こんな形に。
左のくす玉の作り方⇒菱玉を組んで12面体のくす玉

菱玉で花とちょう

花とちょうです。
作り方⇒「菱玉を組んで花とちょう」
関連記事

菱玉を組んで星

菱玉で星 作り方07

●作り方●
菱玉で星 作り方01
この形の菱玉を5個作ります。ストローは2本半分(同色で作る場合)使用。
同色でもいいですが、いろいろな色で作れるとかわいいです。
写真は、6ミリのストローを縦半分にしたもの(ギザギザは曲がる部分ですが、勿論ストレートのストローでも出来ます。)
菱玉の作り方はこちら

菱玉で星 作り方02
図のようにそれぞれ差し込みます。帯は、ストローの内側が見えるように置いた状態です。帯の湾曲と玉の差し込み口の湾曲が逆になるので、ちょっと差しにくいです。

菱玉で星 作り方03
矢印のように差し込みます。
菱玉で星 作り方04
5本とも差し込み
表にひっくり返すと↓こうなります。
菱玉で星 作り方05
帯を玉にそって巻くように差し込んで出します。

菱玉で星 作り方06
中心に出た帯を根本で切って完成。


バリエーションいろいろ
菱玉で星 作り方07-1

●作り方●
菱玉で星 作り方02
ここまでは上記と同様に作り、

菱玉で星 作り方08

菱玉で星 作り方09
裏の差し込み方を矢印のようにし

菱玉で星 作り方10
表にして、玉にそって巻くと、縁の半分のところに別の色が出る星になります。

菱玉で星 作り方10-1
こんな感じ

菱玉で星 作り方11
残った帯を長めに同じ長さで切って、巻いたもの。

菱玉で星 作り方12
更にもう一回玉にそって差し込んだもの。色の組み合わせによっては、下の色が透けて汚い色になってしまうことも。

菱玉で星 作り方13
(上)矢印のように隣に差し込んだり
(下)菱玉4つで同様に組むとこうなります。

150810追記
紐などでぶら下げてもかわいいと思いますが、少し大きめのヘアピンがあれば、裏に挿すだけで付けられます。
ヘアピンつき

関連記事

菱玉を組んで花とちょう

菱玉で花とちょう
花とちょう。花はストロー3本でできます。
ちょうは直径6ミリの黄色を2本と、4.5ミリ?の白(よくあるちょっと細い白ストロー)を1本(数センチ分)使います。

●花の作り方●
分かりやすいように、以下では別々の色の菱玉を組んでいますが、実際は同色で組みます。
菱玉で花 01
このようになる菱玉を3組(6本)作る
菱玉の作り方はこちら
右の玉を、更に一回巻くと左になります

菱玉で花 02
薄いオレンジの方はストローの内側が見えている状態で、赤は、外側が見える状態。玉の湾曲にそって図のように差し込みます。これを3組作ります。

菱玉で花 03
それぞれを差し込んで繋げます。

菱玉で花 04
(左上)放射状に出ている帯を、それぞれの玉にそわせながら差し込むと、手前面に3本、裏面に3本出てきます。
(右下)手前面に出た帯3本を互い違いに重ねるようにして、青い矢印のようにそれぞれ巻く。

菱玉で花 05
余りは出たところで切って処理。

菱玉で花 05-1
裏面に出ていた帯も切って処理すると、このような形に

菱玉で花 06
裏面の帯を切らずに丸めて3本とも中心の穴へ無理やり入れ

菱玉で花 07
出てきた先に切込みを入れて開いて形をととのえると、花の出来上がり。

●ちょうの作り方●
↓数センチに切った白い細めのストローを用意、(色の調整の加減で黄ばんで見えますが、実際は白です)
黄緑の線の位置(両脇)に、帯が入るくらいの切込みを入れる(写真では既に、ちょうの触角やお尻になるように切られていますが、実際は最後に、羽根とのバランスを見ながら切るとよいです)
菱玉でちょう 01
菱玉を4本用意。
最初は、上記の花と同じように2本づつ組み、青丸のところに白ストローが挟まるように
薄オレンジの帯を、白ストローの切込み→薄緑の菱玉の順に差し込む。
あとは、帯をそれぞれの玉にそわせて差し込んで、適当なところで切って処理。(分かりやすいように例の菱玉はバラバラの色ですが、実際は黄色などの同色で組む)

菱玉でちょう 02
白のストローの触角や、お尻のところの形を切って整えて出来上がり。
関連記事

三角玉を組んでバラ

三角玉でバラ 00
バラの花を作ってみました。薄オレンジのストロー2本と、葉っぱのところの緑のストロー1本(最低3センチくらいあればOK)で出来ます。

●作り方●
三角玉でバラ 01
薄オレンジのストローを二つに裂いたもので三角玉を3本作ります。残った一本は最後に使うので、そのままとっておきます。
(三角玉の作り方はこちらの前半の記事です)

以下は、分かりやすいように別々の色の三角玉で組んでいます。
三角玉でバラ 02
まず3本を、写真のように、互いの玉の湾曲にそわせて差し込みます。
こちらが表面になります。

三角玉でバラ 03
裏に返して、出ている帯を隣の玉に差し込み輪を作ります。

三角玉でバラ 03-1
帯の輪に、表から見て写真のようになるように、残っていたストローの帯(クリーム色)を差し込み、表側にストローの表面が見えるように、ぐるりと一周して、更に1辺か2辺分重ねます。

三角玉でバラ 04
(左)横から見ると矢印のようにジグザグにクリーム色の帯を通すことになります。写真の手前にある赤い玉の角をクリーム色の帯で覆うようなイメージです。中心に出ている帯を引いて輪を狭めつつ、クリーム色の帯も締めていって形を整えます(下の写真のように、三角形?が周りを囲んで見えるように)
(右)きっちり形になったら、上に出ている帯3本は中心の穴に差し込みます。

三角玉でバラ 05
回した帯の余ったところは切ります。それの端を、丸めるというか結ぶというか(適当でよいのですが)円錐に近い形にまとめ、花の中心にします。

三角玉でバラ 06
花の後ろから出ている帯をかき分け、中心の穴に結んだ端っこを差し込み、
四つに切込みを入れた緑のストローを差し込んでおさえます。
緑のストローは、写真は3センチくらいですが、茎の部分もずっと緑にしたい場合は長いもので差し込みます。花を作ったのと同じ直径(6ミリ)のストローでやっていますが、あれば細い茎の方がきれいな気がします。

三角玉でバラ 07
出来上がりです。中心にする帯の長さがとれないときは、無理に入れなくても良いかもしれません。
あと、やはり実際に作るときは、1色か、似た色2色(ぐるりと回す帯の色を変えるとかで)くらいの方がかわいいような気がします。
三角玉でバラ 08
二色例。左は直径6ミリ、右は5ミリのストローで作っています。


150808追加
花束にしてみまました。
花束小
関連記事

三角玉でバラの指輪

三角玉でバラ指輪04

●作り方●
途中までは「三角玉を組んでバラ」をご覧ください。
三角玉でバラ 05
上記記事のこの場面で中心に何も差し込まず(クリーム色の帯の残りは使わない)、裏にします。

三角玉でバラ指輪01
(上)茎になる三本を広げて、そのうちの2本にうす緑の三角玉を、帯の湾曲が逆になるように通します。うす緑の三角玉は、左右に曲がった別の種類のものを一つずつです(三角玉と種類については「三角玉を組む(「あめちゃん」の応用)」前半の記事)
赤い帯を青矢印のように折って中心の穴に通し、うす緑の帯を赤矢印のように重ねて差し込みます。
(下)うす緑のところに新しいストローの帯(ストローを縦に二つに裂いたもの・写真では水色を使用)を湾曲が逆になるように差し込み、
残りの赤い帯を赤矢印のように差し込んで花の丸みにそって向う側に出します。(先を少し斜めに切って差し込むと通しやすいです)

三角玉でバラ指輪02
(上)このようになったら
(下)表にひっくり返し、うす緑の葉のところを赤矢印のようにひねりながら差し込みます。
中央の赤い帯は、一本は、長さをみて青矢印のように脇に差し込んで処理し、もう一本は丸めてぎりぎりで切ります。

三角玉でバラ指輪03
うす緑の帯の残りを切り、最後に水色の帯を指にあわせて二周くらい回して通して切って出来上がり。
指輪にしなくても、後ろに茎が出ないバージョンがあると、ほかの形に組み合わせて飾ったりするのにやりやすいかなと思って作ってみました。
関連記事

ストローでひまわりの花

ひまわり 作り方00
ストローでひまわりを作ってみました。
準備するのは、
オレンジのストロー3本と、黄色のストロー4本くらい(4センチくらいに切ったものが18個必要)+茎の緑のストロー1本
ハサミを使います。

●作り方●
真ん中のオレンジのところを作ります。
以下、途中まで分かりやすいように3本とも違う色のストローで組んでいますが、実際はオレンジ3本で作ります。↓
ひまわり 作り方01
ストローの両側を、最後を数ミリ残して縦に裂き、写真のように差し込みます。

ひまわり 作り方02
ピンクのストローの輪に、同様に切込みを入れた黄緑ストローの端を通して輪を作って差し込み、それぞれ引いて十字に止まめます。
十字のバッテンを、同様に切込みを入れた水色の帯の輪に通して引きます。
※6本とも同じ方向(ストローの内側が見えている状態)にします。

ひまわり 作り方03
6本とも同じ方向に1回結びます。結び目が根本になるように。

ひまわり 作り方04
ひっくり返して、赤い矢印、青い矢印の順に、反時計回りに帯を折って一周します。最後は、最初の帯の下に入れて下さい。

ひまわり 作り方05
こうなったら、またひっくり返して

ひまわり 作り方06
矢印の位置にそれぞれ差し込んで
※隣に差し込みそうになる(赤い矢印だと、上の水色の帯の結び目に差しそうになる)ので注意
ひまわり 作り方07
一周します。帯がねじれたりしないように。

ひまわり 作り方08
ひっくり返して、赤、青の矢印の順に、時計回りに一周帯を折り

ひまわり 作り方09
最後は最初の帯の下に差し込みます。

ひまわり 作り方10
ひっくり返して、帯の黄色の位置に、花びらになるストローを2個差し込んでから矢印のように差し込みます。

ひまわり 作り方11
(上)花びらは、黄色のストローを4センチくらいに切り、真ん中あたりを青い線のように二か所切込みを入れ、そこから左右対称に赤い線のようにらせん状にハサミで切り開きます。
(中)これを手でしごいて開くと、(下)両側が菱形になるので、角を丸く切って、花びらっぽくします。
これを18個つくります。

ひまわり 作り方12
更に黄色の位置に、花びら1個(の中央の輪になったところ)を差し込み、帯を折って矢印のように差し込み返します。

ひまわり 作り方13
余った帯は外れないように少し残して切る。これを6本の帯ともやります。
最後に黄緑の矢印のところに、両脇に3センチくらい切込みを入れた緑のストローを差し込み

ひまわり 作り方14
矢印のように互いに差し込んで固定します。

ひまわり 作り方15
後ろはこんな感じ。



151016追記
デイジーの花風
ストローでデイジー
花びらの長さなどを変えると印象も変わります。
花の中心を編んだとき、最後切らずに裏の中心のほうに出るようにし、まとめて茎にするストローに差し込んでいます。
関連記事
 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。