スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かえる型がまぐち財布

がまぐちがえる1
がまぐちがえるのみどりちゃん

がまぐちがえる2
おなかが減ってぺったんこ

がまぐちがえる3
口の金具が重くって ちょっと浮き足だっちゃうの

がまぐちがえる4
逆立ちだって らーくらく
これがほんとの カエル倒立

がまぐちがえる5
でもね 小銭をたべればね

がまぐちがえる6
ちゃんと おすわりできるのよ


 手芸屋さんで、がま口の金具を見て、カエルの形の財布にしたら、かわいいかなと思って、羊毛フェルトをチクチク刺して作りました(内側は赤い布で袋を作っています)。
 「お金がカエル」ということで縁起も良さそうなのですが、ぷくぷくさせすぎて、小銭が少ししか入らないし、取り出しにくくて、実用には向きませんでした(笑)
関連記事
スポンサーサイト

ポチ袋&ミニカード「ありがとう」「おせわになりました」

できあがり図
「ありがとう」と「おせわになりました」の駄洒落イラストの封筒とカードです。

二つ折りのお札も入る正方形のポチ袋や、ミニメッセージカードとして使えます。
(下の展開図の画像をダウンロード&印刷し、切って貼ってください。)

サイズは、100%で印刷してもらうと
封筒は8.5cm×8.5cm
カードは8cm×16cm(半分に折って8cm)になります。


●ありがとう!
ポチ袋ミニカード ありがとう!縮小

印刷用↓クリックすると大きな画像が出ます
ポチ袋ミニカード ありがとう!


●ありが とうっ!!
ポチ袋ミニカード ありが とうっ!縮小

印刷用↓クリックすると大きな画像が出ます
ポチ袋ミニカード ありが とうっ!


●尾、背、ワニ、なりました(おせわになりました)
ポチ袋ミニカード おせわになりました縮小

印刷用↓クリックすると大きな画像が出ます
ポチ袋ミニカード おせわになりました


●ポチ袋として使う場合
薄めの紙に印刷して下さい。
封筒部分を切り取って折って貼ってください。
ポチ袋の定型?サイズが今ひとつ分からなかったので、お札が二つ折りで数枚程度入るようにしてみました。印刷の設定によっては画像が自動で拡大されたりするようなので、折ったものの一辺が8.5cmになっているか確認してください。

●ミニカードとして使う場合
厚めの紙に印刷して下さい。
封筒部分は切り取って折って貼って、カード部分は切り取って二つ折りしてください。
カードは必要に応じて半分に切ってしまって、正方形の一枚カードにしても良いかと思います。

関連記事

かぶとむし(六角がえし+ちょっと飛び出す)

立体かぶとむし できあがり1
たまご

立体かぶとむし できあがり2
幼虫

立体かぶとむし できあがり3
かぶとむし

上のたまごに戻って繰り返すという、からくりの紙工作です。


「六角がえし」の仕組みに、飛び出すような折り方で「ツノ」を足して、立体ペーパークラフト風かぶとむしを考えてみました。

●展開図●
立体かぶとむし 展開図
↑この画像をクリックすると印刷できるくらいの大きい画像が出ます。

●作り方●
立体かぶとむし 作り方1
印刷した展開図のまわりを切り抜いたら、青線を谷折、赤線を山折してください

立体かぶとむし 作り方1.1
立体かぶとむし 作り方1.2
このとき、ツノ部分が、ちゃんと中に折り込まれるように折って下さい(はみ出ると、遊ぶときにひっかかって開かなくなるので)

立体かぶとむし 作り方2.1
折り癖をつけたら一度開いて、裏返して、図の水玉のところにのりをぬって(ツノ部分にはつけない)
半分に折ってのりづけ

立体かぶとむし 作り方2.2
図のような帯状になったら蛇腹状に折り癖をつけ、もう一度開きます(赤は山折、青は谷折で)

立体かぶとむし 作り方3
①青を谷折(ツノは最初の折り癖のとおり折り畳まれるようにして)
②赤を山折(後ろに折る) ③更に、赤を山折(後ろに折る)
④図のピンクのところで「のりしろ」が重なるはずなので、そこをのりづけです

のりが乾いたら、くるくる開けるはずなので(開き方は前記「たまご→ひよこ→にわとり」の●遊び方●のところを参照してください)「たまご」のところまで開いて
立体かぶとむし 作り方4
最後に黄緑の線のように角を切って出来上がりです。



立体かぶとむし 作り方5
「たまご」のときの裏側は、こんな風になっています。
遊ぶときは、このように常にツノが折り畳まれるよう気をつけてください。

立体かぶとむし 作り方6
裏がこんな風になった状態で「たまご」から「幼虫」に開こうとすると引っかかってしまいます
関連記事
 | HOME |  ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。