スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストローだけ工作 かんたんリボン

リボン1 つくりかた0
ストロー1本とハサミでリボンの形が作れます。

●かんたんストローリボンのつくりかた●
リボン1 つくりかた1
ストロー(写真は、直径5mm、長さ18cmの曲がらないもの)
半分に切り、一方を更に半分に切ります。(短い方の一つは使いません)

リボン1 つくりかた2
長い方のストローは、穴にハサミを入れて、真っ直ぐに裂きます。
短い方は、半分に折り目をつけて中心を決め、図の青線のように斜めに切り込みを入れます。切り落とさないように気を付けてください。

リボン1 つくりかた3
短いストローを写真のように折り曲げ、真ん中の穴に長いストローを、半分まで差し込みます。

リボン1 つくりかた4
長いストローの端を広げて写真のように穴に差し込みます。端の先が丸まると思うので、その形のまま、穴に差し込んで下さい。

リボン1 つくりかた5
もう片方の端も同じようにしてできあがりです。下に出ているストローの端を、三角に飾り切りすると、よりリボンらしくなります。

女の子のお誕生会で箸置きにして、最後にお土産にするとか楽しいのではないでしょうか。男の子のお客さんがいたら要らないって言われそうですが…




●リボンのバッジ●
リボン1 つくりかた6
安全ピンを通してから、長いストローを入れて作るとバッジにできます。
特に裏表はないですが、リボンは差し込んだ側が凹むようにやや湾曲するので、差し込む側とは逆側にピンを付けたほうが、バッジの付け外しが楽だと思います。




●リボンの指輪●
リボン1 つくりかた7
別のストローを潰してタテに半分に切り(半分より少し細めでも良いです)、指の周りに巻きつけて、大体の長さ+1、2cmくらいで切ります。
指より少し大きめの輪を作るように、端に上と下から半分まで切り込みを入れます。
図のようにリボンに通して、差し込んで、輪にします。ストローの元々内側になっていた面を外側にして下さい(あらかじめ、ゆびでしごいておくとやりやすいです。)
輪を回して、つなぎ目をリボンの穴に入るように持ってきます。

リボン1 つくりかた8
青の矢印の穴にリボン部分の長いストローを差込み、同様に作ります。指輪の継ぎ目がずれて出ないように気をつけて下さい。
出来上がりの指にはめた写真は、大人の手なので、子どもさんがつけると相対的にもっと大きい感じになると思います。
それから、使うストローの直径や長さでも変わってくると思います。






●ついでに、もっとかんたんリボン●
リボン2 つくりかた2
ストローを潰し真ん中で切り、(上の指輪の輪にした部分の残りでも良いです)
出来た帯を真ん中で折って1cmくらい切り込みを入れ、
そこに両端を差し込むだけです。ストローの内側を前(表)に見て、両端とも後ろから前に通しています。

リボン2 つくりかた3
差し込んだところの上に両面テープなどを貼り、ひっくり返してちょっとしたプレゼントなどに貼り付けたらかわいいのではと思います。



●ついでに、曲がるストローのかんたんリボン●
リボン2 つくりかた1
曲がるストローの蛇腹の部分より上と同じ長さになるように下を切り、
ハサミの先を穴に入れて両側から蛇腹の手前まで切り込みを入れ、上のストローリボンと同様に差し込むだけです。

リボン2 つくりかた0
使い方は、…やはり箸置き、とかかな。
スポンサーサイト

ストローのトリ←→「鳥」の字

鳥の字から鳥1
ストローで作ったトリ(らしきもの)を分解して組み立て直すと漢字の「鳥」に変化するというもの
ちょうどストローで何か作ることにはまったとき、「もじバケる」という食玩を見て感動したので作ってみました

鳥の字から鳥2
トリの尾を外し、
足とくちばしを背中のほうへ回し
首に、外した尾の根元を半周巻いて差し込み
羽根は、二枚重なるように、曲がり角についているかぎ爪みたいなのを差し込んで止めると
「鳥」という字になります


結構無理やりで、面倒なわりに完成度も低いので、特に作り方は載せませんが(需要もなさそう(笑))
接着剤などは使わず、ストローを切ったり折ったり差し込んだりして組み立てています
他にも、ストローの特性を生かして形が変化するものなど出来たら楽しそうですね

1秒でストローが万華鏡風に

てでもつ
大げさなタイトルにしてしまいましたが、ストローのたばを覗くと意外に綺麗です。写真ではうまく伝わらないですが、左右に動かしたりするとキラキラします。

てがき
ポイントは、15センチくらい目から離して見ることと、光っているところや鮮やかな色のところに向けて動かすことです。
白い普通のストローでも透明のストローでも、内側がメタリックに反射して見えます。
もしストローを袋で買って余っていたら、ちょっとやってみると意外に楽しいです。



つつ
ちょっと工作らしくしてみようと、ラップの芯にストローを詰めてみました。写真の右端から覗きます。筒の中はストローまで距離があるので、筒に目をつけても大丈夫です。ストローを左端のように筒から一部出すと、ストローの色がちょっと反映されて見えます。
なか
こんな感じです

ストローだけ工作 ちょっとむずかしいリボン(フラワーリボン)

00.jpg
ストロー1本とハサミで出来ます。
プレゼントの包みなどによく付いているフラワーリボンとかスターボウとかいわれるものをイメージして作ってみました(通常の作り方とは多分違います)。
よく見るものよりは小さく出来上がりますが、ちょっとしたカードなどに付けてもかわいいかもしれません。

●作り方●
きれいな色のストローを1本用意します。曲がらない普通の方が良いです。
(ちなみに写真のは100均の250本入りストレートストロー、直径5ミリ×18センチです)
01.jpg
ストローを平たく潰して跡をつけ、ハサミで一方を切り開く
真ん中で折って、中央に切り込み(開いたときに大体1センチ強くらいになるような)を入れ
開いて両端から中央へ、切り込みの2、3ミリ手前まで切ります。図のように真ん中の二箇所で繋がっている状態です。

02.jpg
図のように上の帯の両端をそれぞれ中央の切り込みに斜めに差し込み三角ができるように引っ張る

ひっくりかえすとこうなります↓こちらが表側になります
03.jpg
更に、今差し込んだ切り込みに、写真のように差し込み、三角をつくる


もう片方も同様に
差し込むところは、先に差した帯の後ろ(横に真っ直ぐ伸びている帯の手前)の隙間です
04.jpg
下の帯の両端も同様に差し込んで、三角を二つ作ります

裏にひっくり返して
05.jpg
また差し込んで三角を二つ

表にひっくり返して
06.jpg
上に飛び出ている2本の帯を根元付近で短く切り、全体の形を整える
最後に、下に出ている2本を長さを切り揃え、山型の切り込みを入れ出来上がり


07.jpg
官製ハガキの大きさの紙に貼るとこんな感じ
(上にあるのは元のストローの大きさ)

08.jpg
バリエーションです
左は、下に出す2本の帯を1つに重ねて別のストローに挿したもの…直径4ミリ×13センチのストローを使用
中央のは、赤いストローと透明に黄色い線の入ったものを重ねています(赤は帯の幅を更に半分にしてみました)曲がるストローだったので、蛇腹部分が目立ってしまいました…直径6ミリ×21センチのストローを使用
右上のピンクは、下に出す2本の帯を更に差し込んだものです…直径5ミリ×18センチのストローを使用


※中央の切り込みの大きさは、上で1センチ強と書きましたが、ストロー自体のサイズにもよるので、目分量でかまいません。ただ、ゆるいときれいに形にならないです。最初に帯を差し込むときに、ちょっと余裕があって、斜めに差せるくらいが良いです
また、写真では表を向けたり裏を向けたりしていますが、基本的に、
・帯の外から中央へ三角を作るように曲げて
・先に差し込んである帯の後ろに重ねて差し込む
ということを繰り返す感じです。
ちなみに、ストローを真っ直ぐ切り開くのが案外難しいです(線の模様が入っていると沿って切れるので多少楽かもしれません)
このやりかたで、色紙やマスキングテープみたいなものでも出来るかなと思ったのですが、あまりきれいに出来ませんでした(ストローの固さとカーブ具合が良かったようです)
紙や布を使う場合は、やはり普通のやり方のほうがきれいに出来そうです

ストローを結んでハートの形

000.jpg
特に何に使うというわけではないですが、紐で吊るしたりしてもかわいいかなと思います。

●作り方●
ストローを1本とちょっと(4分の1本くらい)使います。
写真は、曲がるストローで直径6ミリ×21センチ(ジャバラを伸ばすと22センチくらい)を使用
001-1.jpg
1本は5センチくらいに切っておく(上からジャバラの手前、黄緑のところ)
もう1本はジャバラを伸ばし、下の端数ミリを残して(青のところ)、上から二つに裂く。


002-1.jpg
長い方のストローを、切込みで作った帯が重なるように置き、手前の帯を、左に直角に折る
奥の帯を、黄緑の矢印のように上から下へ差し込んで輪を作る

003-1.jpg
横の帯を青の矢印のように輪をくぐらせる(帯の内側が見えているのを、ひっくり返して外側が見えるように)

004.jpg
両方の帯を引っ張っると、直角の角が出来る
(ハートの形の、上の真ん中のところになる)

005.jpg
写真のように帯に結び目を作る。連続で3つ作ってハートの曲線部分にする(結び目を逆に結ばないように)

もう一本の帯も同様に結ぶ

006.jpg
短い方のストロー(5センチくらいに切ったもの)を半分に折って、直径の4分の1くらいを残して切る。
(長いストローの青線のところと、短いストローの青線のところが大体同じになるようにする)
※150809追記
4分の1くらいを残して切るとしましたが、差し込む帯にある程度の長さがあれば、切り離してしまって、短い2本にし、それぞれに差し込んでいった方が、作りやすいことに気づきました。以下もそのように読み替えて下さい。

短いストローを真ん中で折り、写真のように差し込む
007.jpg
下に出た長いストローの帯をそれぞれクロスさせて短いストローに差し込む。直角になるイメージで

008.jpg
できあがり
ストレートのストローで作ると、最後に差し込む帯の長さが短くてクロスできないかもしれません(差し込む短いストローが取れやすくなるので、気になるときはボンド等で貼って下さい)



バリエーション
009.jpg
左は最後の差し込みをせずに帯を下に出して、別のストローに差したもの
右の蝶は、短いストローをつける前の段階のハート2つをまとめて短く切ったストローに差し、はみ出た帯を切ったり、二つに裂いて触角にしたもの

ストローを結んでかわいい輪っか

基本の円00
ストロー1本でできます。
更にこれを基本に、いろんなバリエーションも広がります(作り方の後に例の写真あります)

●輪っかの作り方●
写真のストローは、曲がるストロー(直径6ミリ×21センチ)ですが、ストレートストロー(曲がらないやつ)でも、直径も5ミリのとかでも、通常の長さならできます
基本の円01
ストローを、下数ミリ(青い印のところ)を残してタテに2つに裂く(なるべく幅を同じにする)
基本の円02-A
裂いた帯の一方を穴に差し込んで引っ張り
長い一本の帯にする。(強く引っ張りすぎると、ちぎれてしまうこともあるかも)

真ん中の帯の繋ぎ目を包むように結び目を作る
基本の円03
中心の結び目から、丸くなるように3つ結ぶ

反対側からも結び目を作っていって、結び目を計6個にする
基本の円04
片方の帯を、もう片方の帯の端の結び目に通し、その結び目に沿わせて巻くように結ぶ

裏返すとこうなっている↓ので巻いた端は青い矢印のところに差し込んで処理する
基本の円05
もう一方の余った帯は、黄緑の線のあたりで切って、後ろに重なっているストローに沿って左の穴(へこみ?)のところに入れ込んで
出来上がり

基本の円06
輪を閉じる前に別の輪を通して繋げていくことも出来ます

基本の円07
(左上)輪っかの結び目と結び目の間に、短く切ったストロー(右側にあるリボン型に切ったもの)を通しながら作ったもの
(右)結び目の間に長くストローを入れ、外側にも帯を足したりするとこんな形にも
(左下)別の色のストローを裂いた帯を斜めに巻きつけ、端は輪っかの結び目の一つに差し込んだもの



バリエーションいろいろ
基本の円バリエーション1 ボール
輪っかといっても六角形なので、サッカーボールの要領でつなげてみました。透明なストローを裂いたものを折って差し込んで繋いでいます。


基本の円バリエーション2 リース ペンダント
(左上)クリスマスシーズンにはミニリースなどどうでしょう
(中央)子ども向けペンダント。鎖部分も一本のストローを4つに裂いて作ってみましたが、ペンダントヘッドが軽いこともあって、首からさげてもちょっとクセが残る感じでした。ストローだけで何とか作りたいと思ったのですが、素直に普通の紐を使っても良かったかも。
(右)小さい輪は、ストローの幅を、元の幅の4分の1に切ったもので同様に結んでみたもの
(下)以前の記事に書いたフラワーリボンと組み合わせたもの


基本の円バリエーション3 雪 星
(上4つ)雪の結晶をイメージして輪(六角)に、縦に裂いたストローを差し込んでだりしてみました
(下左)輪っかの結び目を5つにして閉じたものに縦に裂いたストローを差し入れています。流れ星のイメージで
(下右)輪っかの結び目4つで閉じました。花をイメージしました。


この輪っかを、結ぶ方向(曲がる方向)を変えたり帯を足して結んでいったりすると「S」字や「8」の字になるので、せっかくなので、数字やアルファベットも作ってみました。
アラビア数字

アルファベット
「K」とか「M・W」「N」「Y」の開く角度とかが、いまひとつしっくりこないんですが…
 | HOME |  次頁へ» ▲ page top


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。